夜行バスってなあに?

夜行バスってなあに?

旅行に行くときの移動手段として、夜行バスを利用する人も多いです。 夜行バスを利用するメリットはたくさんあります。 その中でも新幹線や飛行機を利用するよりも経済的に大変安く利用できることが最大のメリットだと言えます。 また、出発時間も夜になるので仕事を終えてからでも間に合いますし、寝ている間に目的地まで行け時間的にも大変魅力的となっています。長距離移動の為、最近の夜行バスでは座席も幅広く設計されておりゆったりとしていますし、3列シートを導入して個人のスペースを確保したりするなどプライバシーを守る配慮も多くみられます。フラットの角度も大きくなり、より快適に移動することができます。また途中では何度かサービスエリアに止まる機会もあり、トイレ休憩をしたり気分転換をしたりすることができます。毛布なども準備されており、あとは個人でアイピローやエアー枕などを持ち込んだりして各自リラックスできる空間作りをするとより快適に楽しむことができます。


 管理人おすすめ

便利で快適な夜行バスを利用しよう

富山発東京行きの格安夜行バスのバスサガス

夜行バスと昼行バスの違い

夜行バスと昼行バスの違い

高速バスには昼行バスと夜行バスがあり、昼行バスは200キロメートル未満などの走行で、朝から昼前の出発時間が多く、所要時間が平均で2、3時間程度、その日のうちにつくのが特徴で、各地方の景色などを眺めながら目的地に到着し、温泉地と結ぶ便の利用で、日帰り温泉を楽しめたりします。また、走行距離が短いので、休憩はあっても1回程度ですが、サービスエリアでその土地ならではの特産品にであえたり、グルメを楽しんだりもできます。 一方、夜行バスは400から600キロメートル以上、最長が約1170キロメートルの走行距離になり、一般的に夜から出発して朝方到着することが多く、所要時間は平均で8時間以上で、寝ながら長距離を移動できるというのが特徴で、夜景も楽しむことはできますが、睡眠と時間の有効活用がしやすくなっています。休憩は2時間おきにとられることが多いですが、深夜なので自身が寝ていることも多いですし、サービスエリア内もすべての店が開いているわけではないので、昼間と比べると、あまり活気は感じられないですが早朝の焼きたてパンに出会えることもあります。 また車体的には夜行のほうがゆったりと座れるようにはなっています。

Copyright© 2011

夜行バス.net

All Rights Reserved.